メルカリ株価が急落 リユースのトレファクとAmazonの連携で競争激化懸念か(ねとらぼ) – Yahoo!ニュース

 

 

前日、リサイクルショップ運営のトレジャー・ファクトリー(東証1部)がAmazon.co.jpと連携し、Amazon上から申し込める買い取りサービスをトレジャー・ファクトリーが提供すると発表しました。Amazonアカウントを使ってAmazonのサイト上から簡単に申し込めるのが売りで、買い取り額の支払いはAmazonギフト券か現金口座振り込みを選べます。

情報源: メルカリ株価が急落 リユースのトレファクとAmazonの連携で競争激化懸念か(ねとらぼ) – Yahoo!ニュース

 

さて、ここから何を考えるか?

 

さて、このニュースを受けて、

当のメルカリは6月4日劇下げしました。

 

ただ、このニュースを見て、

投資家的ポイントはここではないのです。

 

 

実はヤフーニュースのコメント欄にあります。

 

 

特にメルカリは

CtoC(個人から個人)への

PF(プラットフォーム)ビジネスであり、

個人の意見はものすごく大事です。

要するに使われてなんぼです。

 

 

特に2つ目のコメントが体感的にメルカリの人であれば

やばいとみるべき。

「メルペイ導入以降は使わなくなった」

 

これは投資家目線でもヤバイです。

 

 

私も物売りで現在もメルカリで出品していますが、

今年に入ってからメルカリで売れたのは2件のみです。

(去年はこの時期まででも50件以上売ってた)

 

ちなみにその市場はラクマに移っています。

 

理由として、

  1. メルペイがよくわからない
  2. 1万円以上の出金でも手数料を取るようになった。
  3. ラクマは楽天ポイントが使える
  4. 10%の手数料が高い(ラクマは3.5%)
  5. それならラクマで5%引きで売ったほうが儲かる

 

という理由になります。

 

 

メルカリのPF利益でほかにも投資をしていることを考えれば、

個々の利益がなくなってしまうと、

メルカリ自体も少し屋台骨が傾く可能性も。

 

 

ヤフオクのコメント欄から考える

経営と投資についてでした。

 

 

Comments : 0
森田 洋生
About the Author
森田洋生 1980年7月生まれ 東京生まれ東京育ち。現在鹿児島に在住。 株式投資歴2005年~。年間利益をプラス継続中。 初心者から上級者までネットを使った効率的な授業は好評。 ITやマーケティングの知識でコンサルなども行う。 2017年グロービス経営大学院卒業 MBAホルダー AFP資格もち金融全般に詳しい。 高IQ組織MENSAの会員でもある

Leave a Reply

*

captcha *